記事詳細

入試まであと…

2020.09.16

 

頬にあたる風が涼しくなり、秋めいてきました。

秋は、「食欲の秋」「スポーツの秋」「読書の秋」というように、何をするにも最適な季節だと言われてきました。個人的には、ここのところ体を動かせていないので、これを機に運動を始めようと思っている今日この頃です^_^

 

ところで、みなさんは何か物事を始める際に気をつけていることはありますか?

物事を始める際に私自身が大切にしている3つのことをご紹介します。

 

その3つとは

1、魅力

2、我慢

3、詳しく言う

です。

 

まずは、何を始めるにしても、そのことに「魅力」を感じることが何よりも大切です。そのことを始めることによって、より魅力的な自分になれるかどうかです。ここで言う「魅力的」とは、より自分が成長できるかどうかです。自分の成長とは、できないことができたり、新しい知識を得たり、自分がパワーアップした状態になったりすることで、自分自身、そして家族や社会が喜んでくれるかどうかがポイントです。

 

次に大切なのは「我慢」です。人間は新しいことを始めると必ずストレスを感じるようにできているそうです。ホメオスタシスと言って、元の安定した状態に体を戻そうという機能が人間には備わっているのです。ということは、「三日坊主」は人間としてあたりまえのことなのです。だからこそ、新しく始めることは、自分が我慢するに値するかどうか、いや、いずれやってくるストレスとうまく付き合えるかどうかを考えることが大切です。成長した自分をイメージし、我慢を楽しめるぐらいの余裕が必要ですね(笑)

 

最後に「詳しく言う」ですが、「言う」だけでなく「書く」までできると最高です。人間は動物である以上、生存に最低限必要なこと以外のことは無意識に行うことができません。だからこそ、大切なことはメモをとったりして忘れないよう工夫するのです。新しく始めようとすることは、自分史には大きな1ページを残す可能性はありますが、おそらく人類の進化に何かを残すことはないでしょう… だからこそ、自分自身で今日は何をするかや、目標に到達するまでにしたいことを列挙したりすることが重要です。ここでさらに大切なのは、できるだけ「詳しく」です。先ほども述べましたが、人間は新しいことをすることにストレスを感じるのです。自分で自分に細かく指導する感覚が大切です。「次はこれ、次はこれ」とやることが決まっていると人間は動きやすくなるものです。

 

以上、3点を大切にしながら私自身は新しい物事にチャレンジしています。もちろん今までたくさんの失敗をしてきました。自分の中には三日坊主たちの集合住宅があるぐらいです(笑)。ただ、たくさんの失敗があるからこそ、新しく物事を始めて、成長を感じると「喜び」や「達成感」を感じることできるのだと思います。

 

 

中3生は大阪府私立入試まであと150日を切りました。私自身3カ月あれば、体も心も学力も大きく変化させられると考えています。受験生のみなさんは、今年はいろいろとありましたが、ここからはとにかくがむしゃらに頑張ってみてください。もちろん「ただやる」だけでは効果がありません。新しい「魅力」的な自分を想像し、「我慢」を楽しむぐらいの心持ちで、1日1日を、具体的に、そして「詳しく」取り組んでください。

それが自分自身を磨くことに他ならないのです。

 

Rexスタッフ一同しっかりと受験生をサポートしていきます。